So-net無料ブログ作成

[顧客満足度調査]初の公表 1位は東京ディズニーリゾート

 サービス産業生産性協議会(代表幹事・牛尾治朗ウシオ電機会長)は16日、サービス関連業界の顧客満足度上位50社・ブランドを初めて公表した。09年度の1位はオリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(TDR)。50社中11社を通信販売業が占めたほか、旅行予約サイトや回転ずしチェーンなど、利便性や割安感を打ち出している企業が上位に並んだ。 サービス業の経営改善に役立てるため、経済産業省から委託を受けて開発した「日本版顧客満足度指数(JCSI)」に基づき、29業界の291社を100点満点で評価した。 1位のTDRは、「利用前の期待」や「実際の評価」「再訪希望」などの項目で高い指数を獲得した。通販業界からは家電ネット通販のECカレントを筆頭に、ジャパネットたかたやアマゾン、千趣会(15位)などが入った。3位のあきんどスシローなどのすしチェーン、ファミリーレストランのサイゼリヤ(16位)、餃子(ギョーザ)の王将(20位)など、低価格の外食業も目立った。 業界別にみると、通販や娯楽が高い指数となったのに対し、携帯電話会社や証券、学習塾は50〜60点台と低かった。協議会は毎年、上位企業を公表する方針で、経産省は「業界や企業ごとの比較が可能になり、改善の目安になる」としている。 調査は、サービスを利用した延べ約10万人に、09年6月から10年2月の間、3回に分けて実施。サービスの評価や価格とのバランスなど6項目をインターネットで尋ねて指数化した。【柳原美砂子】 ◇09年度顧客満足度上位10社・ブランド(1)東京ディズニーリゾート 82.3(2)ECカレント      81.1(3)あきんどスシロー    78.8(4)住信SBIネット銀行  78.6(5)シンガポール航空    78.5(6)ジャパネットたかた   77.7(7)アマゾン        77.6(8)ヤマト運輸       77.1(9)楽天トラベル      76.9(10)じゃらん        76.8

ネットワールド、NRI の VMware 対応管理ツール「Senju」を共同販売

写真拡大「Senju Children for VMware」概要図ネットワールドと野村総合研究所(NRI)は2010年3月16日、NRI が開発した仮想化環境管理ツール「Senju Children for VMware」の共同販売を開始した。 ネットワールドは仮想化ツール「VMware」を国内で販売しているが、仮想化環境ではシステム運用がより複雑になるため、障害対応など運用の効率化が課題となっている。 NRI が開発した Senju Children for VMware は、仮想化環境でのシステム運用コストの削減と効率化を図るもので、同社の運用管理ツール「Senju Family」で培った運用技術とノウハウを結集させた。 監視対象にソフトウェアをインストールする必要はなく、ゲスト OS(10台まで)と物理サーバー(ESX サーバー3台まで)の両方を一元的に監視、ランブックオートメーション機能により、異常発生時のシステム制御を自動化できる。 ライセンス価格は70万円(税別)、年間保守料は10万5,000円(税別)。両社は、2010年度に150社程度の導入を目指している。■関連記事野村総研、サーバー10台までの運用自動化ツール「Senju Children 10」を発売IIJ-Tech、GW サービスの負荷分散装置に Coyote の「Equalizer GX」を採用ネットワンシステムズ、クラウド移行で約300台の仮想サーバーを VMware で稼動予定垂水市が「VMware vSphere 4」で行政システムサーバーを5分の1に集約外部の IT サービスへの期待は高いが、導入には検討が必要――NRI 調べ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。